とらばーゆ 成功転職するタイプ


とらばーゆには素敵な転職先がたくさんあります。

でもいくら本人が転職したいといっても、会社側が採用してくれなければ入社できません。

とらばーゆを利用して転職を成功させた方のレポートは、サイトでもしばしば紹介されていますが、成功者には共通しているポイントがあります。

1)フットワークが軽い
 
ネットにとらわれず、転職イベントやジョブカフェなどいろいろ飛び回っている。

2)仕事も遊びも一所懸命

何となく過ごす毎日というような女性が少ない。よく働きよく食べ、よく遊び、よく歌う!

3)情報に敏感

いろいろな情報網を持っている。とらばーゆを見ていても、ちょっとした言葉に反応して良い求人を見つけ出すスキルがある。

4)自分の意見をしっかりと持っている

転職先を見つけるに当たって、柔軟性を持ちつつも、まわりに流されず自分を通すことができる。

5)明るく元気!

実はこれがとらばーゆ転職では一番大切かもしれません。
笑顔の周りには本当に良いことや良い人が集まってくるものです。

こんなとらばーゆ成功者のように転職活動してはいかがでしょうか。

とらばーゆ  転職プランを作る


とらばーゆ転職では、まず転職プランをつくるところから始めましょう。

■今から準備した場合、いつ頃退職できそうか。

■辞めさせてくれそうな状況か。いつなら辞められそうか。

転職したい仕事があるか。自分の条件と合う仕事があるか。

■再就職して給料が入るまでの間、資金的な余裕はあるか。

今日会社に「辞めます」と言って、即日辞められるものではありません。
最低でも1ヶ月前、引継ぎなども考えたらある程度余裕を持った転職スケジュールを立てましょう。

業種・職種によって多忙な時期もあります。
「発つ鳥、跡を濁さず」で、なるべく他の方に迷惑のかからないような転職スケジュールが理想です。

とらばーゆには、様々な条件で検索できる転職情報があります。
いざ「こんな仕事に転職したい」と思っていても、その条件に合った転職情報がなければどうにもなりません。

できれば会社を辞める前に転職先が決まるといいですが、なかなかそうもいきませんから、転職先が決まって給料が入るまで
生活に困らないだけの蓄えがないと厳しいでしょう。

とらばーゆには、転職成功者の記事なども紹介されていますので、そういった方の体験談を読むと参考になります。

とらばーゆ ネット転職する


とらばーゆでは、インターネット上で転職情報にダイレクト応募できる機能があります。

転職情報の中に「応募シートへ」と書いてあるお仕事や、検索結果一覧に「WEB応募」と書いてあるお仕事へは、
とらばーゆ上から直接応募可能です。

とらばーゆWEB応募の仕方は、

1)転職情報の中に「応募シートへ」というボタンを見つけたら
  クリック!

2)転職希望の会社情報と仕事情報が出てくるので、間違いがないか  確認。

3)とらばーゆ会員はログインする。とらばーゆ会員で無い方はその  まま先へ進む。

4)画面の指示に従ってフェイスシートに転職希望先の志望動機や希  望条件などを記入する

5)パーソナル情報欄に個人情報を記入する

6)資格・スキル情報を記入する

7)職務経歴情報を記入する

8)送信内容を確認して送信する

9)とらばーゆより確認メールが届く

後は転職希望の企業から来る連絡(メールで届きます)を
待ちましょう。

企業によっては連絡が大変遅かったり、書類選考のみで落とされたりして連絡の来ないケースもあります。
応募後の流れについてはとらばーゆに掲載されている転職情報をしっかり確認してください。

あまり一度にとらばーゆでたくさんの企業へ応募シートを送ると、記入する内容を間違えたり、どの転職希望先に送ったかわからなくなる可能性が
ありますので注意しましょう。

とらばーゆ 転職の時期


とらばーゆ転職をするのに有利な時期はいつかというと、やはり転職情報が
たくさん出てくる時です。

なぜなら、転職情報が多ければ多いほど、自分の希望条件に合った仕事を探しやすくなるからです。

とらばーゆを1年間見続けるとわかりますが、転職情報の多くなる時期は1年に2回、1月〜3月と8月〜10月です。

これはなぜかと言えば、

■1月〜3月は冬のボーナスと新年・年度替り

12月に冬のボーナスをもらって辞める人が多いです。
また、新しい年を迎えて気分一新や心境の変化で転職に踏み切ったり、3月で年度替りがするタイミングで会社内にもいろいろ変化があり、それに合わせた転職が多いからです。

■8月〜10月は夏のボーナスと夏休み

やはりボーナスをもらってから辞めようという人が増えます。
それから、夏休みでしっかり休んで充電してから秋に転職という人が多いのもこの時期です。

とらばーゆに求人を出す企業側も、この時期に転職希望者が増えることを見越して、採用情報をたくさん出してきます。

ただ、求人が多いということは転職したい人も多いというわけで、転職が楽になるかと言うとそうでもないでしょう。

辞めるタイミングは自分だけでは決められないことも多いですから、仕事の整理や上司への相談など転職準備をきちんとしながら
時期を決めていくと良いでしょう。

しっかりとした転職計画をたてることが大切です。

とらばーゆ 転職のコツ


とらばーゆを利用して転職するためのコツをご紹介します。

1)毎日必ずチェックする

とらばーゆはリニューアル前は週1回の更新でしたが、リニューアルされてからは転職情報などが毎日更新されています。

転職情報も生ものですから、昨日見た時になかったお仕事が今朝紹介されていたなんてこともたくさんあります。

また、転職情報以外にもとらばーゆからのお役立ち情報が多数掲載されているので、「とらばーゆ、1日1回チェック!」
を習慣にしてみましょう。

2)会員登録する

とらばーゆに会員登録すると、便利な機能がいろいろと使えます。
自分の条件に合った転職情報をダイレクトに検索できたり、ネット上から転職希望先へ応募できたり、
応募シートという履歴書・職務経歴書代わりの書類が作れたり、無料適職診断が受けられたりします。

3)いろいろと条件を変えて転職情報を検索する

とらばーゆの会員機能の中に「転職希望条件を登録して検索する」という機能があります。
この機能では、転職したい方の希望条件を6タイプまで
設定できます。

せっかくですからこの機能を使って、まったく違うタイプの検索をしてみてはいかがでしょうか。

「今までと同じ条件」「今より良い条件」「今と全く違う仕事や条件」など、設定をいろいろ変えてみるととらばーゆ
面白い転職情報がゲットできるかもしれません。

とらばーゆ 転職に役立つには?


とらばーゆとは、リクルート社が1980年に創刊した女性対象の転職雑誌です。

とらばーゆの語源はフランス語で、仕事=「travail」から
とりました。

とらばーゆは週刊転職情報誌ですが、ピーク時には32万部も発行されていたそうです。(現在は10万7000部)

とらばーゆという言葉は、女性の転職を意味するキーワードとして「とらばーゆする!」なんて使われていましたね。

男女雇用機会均等法ができる前は、女性だけを対象にした求人が多数掲載されていましたが、今では男女別採用が基本的にできないので、女性の採用をメインにしている企業情報を掲載しています。

ただ、インターネットで転職情報を探す時代になったので、とらばーゆもリニューアルしなければいけなくなりました。

先日のニュースでは、週刊誌としてのとらばーゆは廃刊となり、転職情報は「とらばーゆ」というサイトで運営していくとのこと。

また、働く女性のためのロールモデルマガジン「月刊とらばーゆ」を新しく発刊します。

リクナビと同様に、ヤフーとの連携が強い「とらばーゆ」ですから、すぐに話題になるでしょう。

とらばーゆという言葉は、これからも女性の転職を表す代名詞として生き残っていきそうですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。