とらばーゆ トップ



とらばーゆ ネットでいろいろと検索できる、
転職就職求人についての情報をまとめました。

派遣、正社員、また関西版,東海版,名古屋版などの地域の転職に
ついての情報もご紹介します。

各カテゴリーです。

★とらばーゆ 転職
・成功転職するタイプ
・転職プランを作る
・ネット転職する
・転職の時期
・転職のコツ
・転職に役立つには?

★とらばーゆ ネット
・ネット版で知りたいポイントとは?
・ネット版の使い方
・ネット版になりました!
・ネット版の初代女性編集長
・ネット版運命診断!!

★とらばーゆ 求人
・求人で多い職種とは
・求人は全部安心?
・求人のフリーワード検索は便利です。
・求人情報を上手に探そう!
・求人情報は詳しくて親切です。

★とらばーゆ 派遣
・派遣:東海・関西エリア
・派遣から正社員に
・派遣社員に:リクルートスタッフ
・派遣会社に登録する
・派遣を探す

★とらばーゆ 医療
・医療系サイトで新卒向けガイド
・医療系求人の雇用形態
・医療系サイトのススメ
・医療系求人はどんな感じ?
・医療系転職!

★とらばーゆ カフェ
・カフェを地方にも!
・カフェで人気のコンテンツ
・カフェが銀座にもありました。
・カフェがオープン
・カフェはカフェ?

★とらばーゆ 関西版
・関西版で検索:その他のお仕事
・関西版で検索:給料編
・関西版の派遣会社
・関西版
・関西版で面白検索!

★とらばーゆ 東海版
・東海版の求人の少ないエリア
・東海版の高待遇お仕事
・東海版の面白検索
・東海版で求人の多いエリア
・東海版を使いこなす

★とらばーゆ 名古屋
・名古屋以外の愛知県求人情報
・名古屋南部の求人情報
・名古屋東部の求人情報
・名古屋北西部の求人情報
・名古屋中央部の求人情報

★とらばーゆ 看護師
・看護師など医療系転職
・看護師求人に多い病院
・看護師求人は高待遇です。
・看護師に転職

とらばーゆ 関西版で検索:その他のお仕事


とらばーゆ関西版で検索をいろいろとしてみます。

今回は職種の中でも、どのジャンルにも分類されていない「その他」というお仕事が気になって見てみました。

さすがにとらばーゆ関西版には「その他」の求人は少なく、今回検索したらたったの6件でした。

さてどんな求人かというと、

■シューズショップの一般事務、デザイナー、営業、出荷業務

■書類確認スタッフ

■商品の梱包や発送なども手掛ける事務業務

■手書き電子カルテのインストラクター

■マンションのコンシェルジュマネージャー

■生産管理スタッフ

といった求人でした。

何となく他の職種に分類できそうな求人もありますし、「こりゃ確かにその他の求人だな」というのもとらばーゆ関西版にはありますね。

「手書き電子カルテのインストラクター」や「マンションのコンシェルジュマネージャー」なんて、とらばーゆ関西版でダイレクトに検索するようなお仕事ではなさそうです。

あえて「その他」欄を見ないと出てこない気がしますが、採用側もそこを狙っての「ニッチ戦略」でしょうか?

私も時々、かわったお仕事探しをしてみようということで、「その他」をクリックしています。

とらばーゆ関西版よりもとらばーゆ関東版の方に多いです。

とらばーゆ 関西版で検索:給料編


とらばーゆ関西版の求人をネット検索してみました。

求人検索にはいろいろと方法がありますが、今回は給料の額をメインに検索をかけてみます。

「月給30万以上/時給1800円以上/年俸500万円以上」

というのが、とらばーゆ関西版の中で金額的には一番高い検索です。

職種を限定しないと60件ほどヒットします。
一般事務など事務系の職種に限定すると、予想通り1件もヒットしませんでした。

販売職で調べてみると、「時給1800円」で引っかかるお仕事がありました。世界的に有名なブランドの直営店でした。
商品が高い分、時給も高いんですね・・・。

また、とらばーゆ関西版では、アパレルの店長及び幹部候補というお仕事もヒットしています。
相当に忙しそうですが、給料も結構高いですよ。

デザイナーなどは高そうですが求人は無し。

美容師が数件ヒットしています。店長クラスは相当にもらえるようです。

さて、とらばーゆ関西版の高待遇検索で一番多かったのは「医療系求人」でした。

看護師などは45件ほどヒットしています。

医療系求人は人手不足の業界なので、どうしても高待遇をうたわないと人が集まらないのでしょうか。

残業も多いので、結果的に高い給料になるとも言えます。

とらばーゆ 関西版の派遣会社


とらばーゆ関西版には常時数社の派遣会社から求人情報が提供されています。

アデコやテンプスタッフなどの全国ネット系大手派遣会社も元気ですし、パソナも同様に大手なので安心でしょう。
パソナは実は創業が大阪なので、関西版では強いはずです。

大阪ガスグループの大阪ガスビジネスクリエイト株式会社(大阪ガス100%出資企業)という派遣会社は、
大阪ガスという超安定企業がバックですから、優良派遣情報がたくさんあります。

とらばーゆ関西版には、他にも関西エリアで強い派遣会社がいくつかあります。

株式会社NTTマーケティングアクトという派遣会社は、NTT西日本系列の会社です。
NTTグループとその顧客企業を中心に派遣数を増やしています。

また、フジスタッフやリバティーといった派遣会社からも多数派遣の求人が紹介されています。

とらばーゆ関西版に出ている派遣の求人情報には、紹介予定派遣など魅力的な案件がたくさん掲載されています。

とらばーゆ 関西版


とらばーゆは週刊誌でしたが、2007年9月に廃刊し、インターネットでの転職サイト専門となりました。

とらばーゆは週刊誌時代「関西版」というのもありましたが、今では「とらばーゆ関西版」として、
サイト上で転職情報を提供しています。

とらばーゆ関西版は、仕事情報として常時500件ほどが紹介されています。

関西で500件ですから、結構多い求人情報数だとは思いますが、関東の1000件と比べると半分です。

とらばーゆ関西版で求人数の多い職種を順番に紹介すると、

1)看護師・看護助手・保健師・助産師 (約90件)

2)一般事務 (約70件)

3)美容・理容師・エステティシャン (約60件)

4)営業・企画営業 (約40件)

5)歯科衛生士 (約30件)

  歯科助手 (約30件)

  秘書  (約30件)

  営業事務 (約30件)

等となっています。

とらばーゆ関西版は、とらばーゆ関東版に比べるとホテルなどのサービス関連からの求人が圧倒的に少ないです。
また、クリエィティブ関連のお仕事も割合的に少ない感じです。

逆に、秘書の求人は全体の求人数と比較すると関西は多いです。

面白いところではとらばーゆ関西版で、ユニバーサルスタジオジャパンの求人なんかがあります。

今回見たとらばーゆ関西版の求人では、いろいろなキャラクターをそれぞれが専属で担当し、お客様とキャラクターが楽しく触れ合えるように
サポートする仕事が紹介されていました。
楽しく仕事が出来ると良いですね。

とらばーゆ カフェを地方にも!


期間限定でリアル店舗としてオープンしたことがある「とらばーゆカフェ」ですが、
表参道とか銀座といった東京のど真ん中だけでなく、地方都市にもぜひオープンして欲しいです。

どうしてもとらばーゆのイベントというと東京に集中してしまいますが、やはり東海エリアや関西エリアはもちろんのこと、北海道や東北、九州などでもとらばーゆカフェは人気になると思うのですが。

とらばーゆ自体はインターネットのサイトなのでどこでも見ることはできますが、求人情報は関東が中心で
東海エリアと関西エリア以外はほとんど情報もありません。

そういう理由もあって、とらばーゆとしては地方でのイベント展開は考えていないのかもしれません。

ただ、ジョブカフェのように女性向けの仕事カフェをいくつかの都市に常設してもいいのではないかと思います。

ハローワークなどでは女性向けのイベントやスペースも用意していますが、とらばーゆカフェのような華やかさや楽しさ、
入りやすさはないので、もう少しそういった点を工夫してくれたら子育てママの再就職も楽になると思います。

とらばーゆ カフェで人気のコンテンツ


とらばーゆカフェは、期間限定でオープンしたリアル店舗もありましたが、
元々はとらばーゆサイトの人気コンテンツのひとつです。

毎日更新する転職占い「転職のツボ」は、リニューアル前は1週間に1回の更新でしたが、人気が高かったので毎日更新となりました。
転職運だけでなく恋愛運などいろいろな運勢まで占ってくれる占いです。

また、子育てママのお仕事復帰を応援しているとらばーゆカフェでは、子育てママが良い転職のできるよう、先輩ママの奮闘記を紹介したり、
子育てママ再就職応援BOOKを作って希望者全員にプレゼントしてくれます!

プレゼントはその他にも、「未経験でも安心!女性のための営業職BOOK」を全員にとか、アンケートに答えるとギフト券が
抽選でもらえたりなど太っ腹なのがとらばーゆカフェなのです。

転職サイトはどうしても企業からの求人情報提供という一方通行になりがちですが、とらばーゆカフェのように
転職者の声を拾い上げてサイトコンテンツとして紹介するのはとても良いことですよね。

とらばーゆカフェで転職者の生の声を聞く(見る?)ことで、とらばーゆ転職のコツも見えてくるかもしれませんね。

とらばーゆ カフェが銀座にもありました


2004年に期間限定で表参道にオープンしていた「とらばーゆカフェ」が、
2005年2月に銀座でオープンしていたことがあります。

これは、とらばーゆ創刊25周年を記念したイベントの一環で、銀座のクリエイションギャラリーG8にて、
「とらばーゆ25周年祭り・仕事カフェ とらばーゆ銀座」というイベントでした。

今回は表参道のとらばーゆカフェとは若干違って、過去のとらばーゆの歴史を展示するギャラリーがメインです。

ただ、表参道のとらばーゆカフェが好評だったため、銭湯風の「仕事カフェ とらばーゆ」を再現しました。

このイベントでは「とらばーゆ」のメッセージをリアルに体験できる空間を作り、働く女性の今を表現する展示会としました。

カフェスペースは大掛かりな店舗形式ではなかったので、簡単なスィーツと瓶入りコーヒー牛乳がメニューです。
銭湯だからコーヒー牛乳だったんですね。
腰に手を当てて飲むやつです。

ところで、「なぜとらばーゆカフェは銭湯風なの?」という疑問ですが、実は単なるダジャレで、
「とらばー湯」というわけだったそうです・・・・。

とらばーゆ カフェがオープン?!


とらばーゆカフェは本当のカフェではなく、とらばーゆのサイトのコーナーネームです。

ただ、過去に期間限定のとらばーゆカフェをオープンしたことがあるのです。

そのカフェの名前は「仕事カフェ とらばーゆ」。

2004年9月8日(水)〜11月20日(土)の間、期間限定でオープンされたとらばーゆのカフェでした。

場所は東京都港区北青山3丁目11-7で、骨董通りと青山通りの交差点にありました。

なぜかのれんと煙突が目印の銭湯風カフェだったのです。

普通のカフェと同様においしいコーヒーや日替わり限定スィーツ、そしてランチボックスなどがあり、結構人気だったようです。

もちろんとらばーゆのカフェですから、転職に役立つイベントが満載でした。

例を挙げると、「番台セミナー」。

これは、銭湯ですから番台があって、ここからゲストが仕事に関するトークをするというイベント。

その他には職応援セミナーや面接ファッションショー、フリーター卒業応援講座、子育てママの再就職講座などが週末にあったり、
話題の企業の採用説明会があったり、毎週水曜日にはヘアメイク付き履歴書用写真撮影サービスなどもありました。

カフェ本来のくつろぎとはちょっと違いますが、とらばーゆカフェもそれなりに楽しめたイベントスペースです。

とらばーゆ ネット版で知りたいポイントとは?


転職希望の女性が仕事探しで知りたい情報ナンバー3は 

 1)勤務地

 2)仕事内容

 3)給与・待遇

です。

ネットとらばーゆでは求人一覧画面でこの3項目がチェックできます。

また、求人詳細画面に行くと、より詳しい求人情報を見ることができます。

仕事をする上で大切なことが、ネットとらばーゆでは女性の視点で紹介されていて、とてもわかりやすいです。

例えば「この会社ではこんな商品やサービスを取り扱っています」とか、「こんなスキルが活かせますよ」とか、
「こんな仕事仲間がいますよ」とか、「職場の1日ってこんなですよ」など、ネット版とらばーゆの
スタッフが集めた現場の生情報が画像付で紹介されています。

こうやって会社の中を少しでも知ることができると、自分が働くイメージもつかみやすいのでありがたいですね。

また、ネットとらばーゆでは、働きやすさのポイントとしていくつかのデータを求人企業別に明記しています。

そのポイントは、「女性の管理職比率」や「産休や育児休暇の取得実績」など、女性に対してフェア(公正)であるかとか、
ケアが行き届いているかといった、働く女性にとって大切な部分をわかりやすく紹介しています。

まずはネットとらばーゆを使ってどんどん求人情報を検索してみてくださいね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。